Amazon.co.jpで買えるイギリス食材・食品リスト【通常配送料無料】

LINEで送る
Pocket

 

まずいまずいと言われているイギリス料理ですが、一度はまってしまうと抜け出せなくなってしまう不思議な魅力もあります。

しかし、イタリアやフランス料理のようにポピュラーではないので、日本のスーパーマーケットでイギリスの食材や食品を見つけるのはなかなか難しいですよね。

でも、こんなときに頼りになるのはやっぱりアマゾン!

日本のアマゾンで手に入れる事の出来る、イギリスの食材・食品の代表的なものを集めてみました。

商品によっては高額な配送料がかかってしまうものもありますので、今回は通常配送料無料の商品のみのピックアップです。

イギリスに住んでいた人は懐かしい味を、まだ試したことがない人は未体験の味をお楽しみください。

 

まずはモルトビネガー。

本場イギリスでは、このビネガーをフィッシュ&チップスにたっぷりかけていただきます。

これで脂っこいフライ物もさっぱりといただくことができます。

はじめて食べるときには、え~~~?ポテトと魚に酢???と、かなり戸惑いましたが、今ではフィッシュ&チップスを食べる時にはこれがないと物足りません!

チップス(フライドポテト)には、モルトビネガーをかけてケチャップとマヨネーズをディップして食べるのが最高です。

 

 

 

イングリッシュブレックファーストには欠かすことのできないベイクドビーンズです。

凄く好き嫌いの分かれる味ですが、イギリスに住んでいたことがある人にはたまらなく懐かしい食品です。

私も最初は大嫌いで食べられませんでいた・・・。

だって、うす~いトマト味のゆでゆでに茹でられたお豆さんですよ・・・見かけも美味しくなさそうだし・・・。(参考:この記事の一番上の写真です)

しかし、慣れとは恐ろしいものですね。

今では大好きです。

イギリス人の友人は、トーストの上にこれを乗せて食べてました。

 

 

同じくハインツのものですが、こちらはクリームトマトスープです。

 

 

こちらはクリームチキンスープです。

 

 

 

 

 

イギリスの家庭にはなくてはならない紅茶。

PGティップスはデイリー使いの紅茶としてとても人気のあるブランドです。

ミルクティーにして飲むと美味しいですよ。

 

 

 

ウィッタードの紅茶です。

こちらは自宅使いというよりも、お土産で購入される方が多いです。

パッケージがとても可愛いですね。

 

 

 

 

 

でた~~!マーマイト!

これは日本人ならば苦手と思う人の方が確実に多いと思われる食品です。

が、イギリス人にとってはなくてはならないもの。

冷蔵庫の中には必ず入っているという家庭が多いです。

日本人にとっての納豆みたいな存在なのでしょうか・・・。

トーストに塗っていただきます。

数少ないマーマイト好きな方、未知の味を体験してみたいという冒険心のある方にお勧めです。

ちょっと薬っぽい味だと思います。

 

 

 

イギリスのウスターソースです。

日本のソースとは味も全然違うので、全く別物だと思って使用したほうがいいです。

料理の隠し味的な存在として使用すると、とても美味しく仕上がります。

私はミートソースを作るときには必ずこれを数滴入れていました。

味に深みが出るような感じがします。

 

 

サイズの小さいものは【買い合わせ対象商品】となり、アマゾンでの注文合計額が¥ 2,500 (税込)以上の場合、購入いただけます。

 

 

 

イギリスのマスタードです。

濃厚な味がお好きな方に。

パッケージがお洒落です。

 

 

 

ポリッジです。

朝食に手軽に食べれるオートミールで、イギリスでは人気のある食品です。

私は友人宅で一回いただきましたが、どうにも苦手でギブアップ。

お湯かミルクでふやかして、お粥のようにしていただきましたが、「まずかった!」という事しか覚えていません。

でも食物繊維たっぷりで、体には良さそうですよ。

 

 

 

 

ミューズリーです。

全粒小麦とオート麦にナッツやレーズンをミックスしたシリアルです。

ノンシュガータイプなので、甘いものが苦手な方や健康志向の方に・・。

 

 

 

全粒小麦、小麦ふすまで作られているシリアルです。

砂糖が入っていますが、甘すぎずとても食べやすいシリアルで、食物繊維も豊富です。

 

 

 

 

エルダーフラワードリンクです。

オーガニックのハーブ飲料で、炭酸で割っていただくとさっぱりとしてとても美味しいです。

ドリンク以外にも料理の味付けとして使用することもできます。

イギリスではエルダーフラハーは風邪や花粉に効くといわれているので、健康や美容に気を使っている方にお勧めです。

 

 

 

ウォーカーズのショートブレッドです。

今では日本のいろんな場所で購入する事が可能になりましたが、入れ物が可愛い物があったのでリンクを載せておきますね。

 

 

 

 

 

 

Share This Post

More from my site

2 Comments - Write a Comment

  1. 初めてコメントでお邪魔いたします。私のようなold-timerにとってHeinzの強い印象と言えば,The WhoのアルバムSell Outで,Roger DaltreyがHeinz baked beans (with tomato soup)のたっぷり入ったbathtubにつかっている写真を30年ほど前に見た時のものです。ご覧になったことがあるでしょうか?コメディータッチで面白いですよ。 英語教室 Lingo-Filed (仙台)

    Reply
    1. Lingo-Filedさん

      コメントありがとうございます!
      The who のアルバムジャケット、早速ググって見てみました!
      す、すごいインパクトでびっくりしました(笑)
      ベイクドビーンズを食べたことない時に見ていたら、気持ち悪い~!!って思っていたと思います。
      今ではちょっと羨ましく思ったりして・・・(笑)
      教えて下さってありがとうございました。

      Reply

Post Comment

WP-SpamFree by Pole Position Marketing