キーラ・ナイトレーが初々しいイギリス青春映画《ベッカムに恋して》

LINEで送る
Pocket

ブログ名が「イギリス英語&映画が好き!」なのに、最近全然イギリス映画の紹介をしていませんでした・・・・

ちょっと反省したので、少しずつ思い出しながら紹介していきますね!(古い映画ばかりになってしまうかもしれませんがお許しを!)

まずはショートヘアのキーラ・ナイトレーが可愛らしい青春映画「ベッカムに恋して」英題「Bend it like Beckham」

 

イギリスでは2002年、日本では2003年公開なので、約10年ほど前の映画になります。

ブレイク直前のキーラ・ナイトレー撮影時はなんと当時17歳。

本当に初々しい。

ストーリーはインド人のジェス(パーミンダ・ナーグラ)とイギリス人のジュールズ(キーラ・ナイトレイ)が繰り広げる青春サッカードラマに恋物語も絡んでくるというもの。

ロンドン南西部、ヒースロー近くのインディアンの移民街に生まれ育ったジェス。

インド人の両親は厳格で、ジェスの姉のようにインディアンの慣習にのっとり、女性らしく生活し、将来は普通にインド人男性と結婚して欲しいと願うのですが、実はジェスの趣味は男友達と公園でサッカーをすること。

そして憧れのサッカー選手はもちろんデイビッド・ベッカム。

彼のような選手になりたくて部屋中にポスターや写真を貼っているものの、そんな事は夢だと思う毎日・・・

ところがいつものように男友達とサッカーに興じていた時、ジュールズに声を掛けられ両親に内緒で女子サッカー部に入部することに。

女子サッカーリーグのある、アメリカの大学に行きたいという同じ夢をもつ二人は急速に仲良くなり、友人、チームメイトとして強い絆で結ばれますが、2人共イケメンコーチのジョー(ジョナサン・リース=マイヤーズ)に恋愛感情を持っていることがわかり友情に亀裂が・・・

更にサッカーをすることを反対していた両親にもクラブの事がバレてしまい、このままジェスはサッカーを続けられるのか・・・?

 

イギリスに住むインド人移民の生活や悩み、インド式の結婚式の様子、ラブストーリーにサクセスストーリーと、サッカーファンではなくても楽しめる要素が満載です。

イギリスってサッカーが盛んな国なのに、女子サッカーの扱いは良くないんだということもわかりました。

そしてジェスのお父さんやお姉さんがヒースロー空港で働いてるんですけど、本当にヒースローってインド人従業員が多いんですよね。

近くに大きなインド人移民街のSouthallという場所があるからだと思うんですけど、確かジェス一家もSouthall近くのHounslowに住んでいたような・・・

あ、このSouthall、行ってみるとなかなか面白いですよ。

お店も従業員も歩いている人も皆インド人!

え~、ここってイギリスじゃないの~??と思うほど、インド人コミュニティーの凄さを感じることができます。

ちなみに題名にも出てくるベッカムさん、最後の方に一瞬だけと奥様と一緒のシーンがありますよ。

私的には最初に解説者として登場したガーリー・リネカーの登場のほうが嬉しかったんですけどね♪

 

 

ベッカムに恋して [DVD] ベッカムに恋して [DVD]
グリンダ・チャーダパンド 2003-10-03
売り上げランキング : 22455Amazonで詳しく見るby G-Tools

 

ベッカムに恋して―オリジナル・シナリオ対訳 ベッカムに恋して―オリジナル・シナリオ対訳
グリンダ チャーダ ポール・マエダ バージェス グルジッド ビンドラ Gurinder Chadha愛育社 2003-03
売り上げランキング : 606823Amazonで詳しく見るby G-Tools

 

Share This Post

More from my site

Post Comment

WP-SpamFree by Pole Position Marketing