イギリス英語の文法を勉強するなら【English Grammar in Use】

LINEで送る
Pocket

 英語の勉強をしている人には超有名な英文法のテキストブック【English Grammar in Use】 ですよね。

でも知らない人もまだまだいるかと思うので紹介させてくださいね。

 

【English Grammar in Use】 はイギリスのCAMBRIDGE UNIVERSITY PRESSより出版されている英語の文法書です。

全145ユニットから成り、1ユニット2ページのうち左ページに文法の解説(イラスト付き)があり、右ページに練習問題があります。

I am going to と I willの使い方の違いや、MustとHave toの違いなどもわかりやすく解説されており、日本の文法書では教えてもらわなかった事なども詳しく載っていて、特にイギリス英語を勉強したい人にはオススメのグラマーブックです。

もちろん全て英語ですが、そんなに難しい英単語は出てこないですし、この文法書を使い始めると、英語には英語で教えてもらったほうが理解しやすいと実感すると思います。

イギリスの語学学校などでも頻繁に利用されていて、私が通っていた学校でも先生がコピーして教材として使っていました。

このグラマーブックには赤本、青本、緑本とありまして、今紹介しているのは青本の中級者向けになりますが、中学3年間の英語の基礎が分かっているなら青本からスタートしても十分だと思います。

 私の場合は、中学の英語さえも記憶にない程だったので、赤本の【Essential Grammar in Use】 からスタートし、FCE(ケンブリッジ英語検定)のクラスを取っている時の先生に、青本を3回繰り返せばFCEは受かる!と言われ、それを信用して頑張って2回(笑)やり遂げました。

でも2回でもFCEに合格できたのは、【English Grammar in Use】 のお陰だと思っています。

 

しかし続けて緑本の【Advanced Grammar in Use】 を制覇するぞ~!と始めたものの数ページで全く勉強しなくなってしまった私・・・

結局帰国するときに、ロンドンからのお土産として持って帰って早数年・・・

また英語をやり直そうと思ったけれど、絶対に中級レベルから忘れてるはずなので、アマゾンで【English Grammar in Use】 をポチりました。

私が帰国した時のレートが1ポンド270円の時代・・・

今はその半額だから、日本で買ってもそんなに高くなかったので良かったです。

今度こそは、両方をやり遂げて、3回繰り返しするのが目標です!

って、いつになるのやら~・・・

 

by カエレバ

 

by カエレバ

 

by カエレバ

 

 

Share This Post

More from my site

Post Comment

WP-SpamFree by Pole Position Marketing