ロンドンで旧型バスのダブルデッカー・ルートマスターに乗って観光しよう

LINEで送る
Pocket

DSC_0269

ロンドン旅行に行ったら赤い二階建てバスに乗りたい~!!と思っている人は多いですよね、

でもどうせ乗るんだったら、旧型のダブルデッカーのルートマスターに乗りたくないですか?

残念ながら殆どの旧型ルートマスターは、2005年にいろいろな事情があり、ロンドン市民に惜しまれながらも引退してしまったのですが、観光客の為に2ルートだけ、いまだに現役で走っているんですよ。

バスの番号で言うと9番と15番。

この2ルートは、観光名所を沢山通り、ヘリテージルートheritage route)と呼ばれています。

旧型なので扉もなく、後ろから乗り降りし、昔と同じように車掌さんの姿を見ることもできます。

同じ番号で運転手さんのみで運行している現行のワンマンバスも走っていますが、番号は同でも、ヘリテージルートは通常のルートよりも短い距離の運行で、運転本数も少なめとなっています。

時間はだいたい9時半から18時30分までで、15分から20分間隔で毎日運行されています。

9番はTrafalgar SquareからKensington High Streetまでのルート。

Trafalgar Square – St James Street – Piccadilly – Knightsbridge Kensington High Street

15番はTrafalgar SquareからTower Hill (for Tower of London)までのルートです。

Trafalgar Square – Aldwych – Fleet Street – St Paul’s Cathedral – Monument – Tower Hill

Trafalgar Squareから出発した場合には9番は西に向かって走るルート、15番は東に向かって走るルートとなります。

 

以下は各ルートの主な観光スポットです。

 

route 9

 

Trafalgar Square(トラファルガー・スクエアー)始点&終点

ロンドンのウェストミンスターにある広場で、ホレーショ・ネルソン提督の記念碑があります。

ナショナルギャラリーも広場に位置しています。

 

Trafalgar Square Park

 

 Piccadilly Circus(ピカデリー・サーカス)~Green Park(グリーン・パーク)

ピカデリー・サーカスでは有名な電光掲示板を見ることができます。

グリーン・パークまでのルートの

間には、ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツフォートナム&メイソン、リッツホテルなどがあります。

picadilly circus

Fortnum and Mason

 

Knightsbridge(ナイツブリッジ)

大型デパートのハロッズとハーヴェイ・ニコルズがあり、Sloane Streetにも近いので、お買い物するのにぴったりのエリアです。

Harrods Knightsbridge

 

Royal Albert Hall(ロイヤル・アルバート・ホール)

ヴィクトリア時代に建てられた演劇場、ロイヤル・アルバート・ホールがあります。

コンサート、オペラや芝居など、様々なパフォーマンスが開催されています。

ホールの道を挟んで反対側には、ケンジントンガーデンズ王立公園があります。

London Royal Albert Hall  ( 2 Views )

 

route 15

 

Trafalgar Square(トラファルガー・スクエアー)始点&終点

9番と同じ

 

Aldwych(オールドウィッチ)

ゴシック建築の王立裁判所 (Royal Courts of Justice)、建築家ウィリアム・チェンバーズが設計したサマセットハウスが近くにあります。

The Royal Courts of Justice, Strand, London WC2A 2LL

 

 

 

Fleet Street(フリートストリート)

ロンドンの金融街、バンクにも近く、新聞社や出版社が多いことで知られるフリート街です。

ジョニー・デップが主演した映画「スウィーニー・トッド~フリート街の悪魔の理髪師」の舞台にもなった街です。

 

  City, Fleet Street

 

St. Paul’s Cathedral(セント・ポール大聖堂)

故ダイアナ妃が結婚式をあげたことでも有名なセントポール・大聖堂があります。

近くには中央刑事裁判所( The Old Bailey)もあります。

wpid-DSC_0325.jpg

 

Monument(モニュメント)

ロンドン大火からの復興を記念して、クリストファー・レンとロバート・フックによって建てられた石碑「ザ・モニュメント」があります。

The Monument, London 18-08-10

 

Tower Hill for Tower of London(タワーヒル・ロンドン塔)始点&終点

地下鉄タワーヒルの駅ですが、ロンドン塔の最寄りの駅で、ロンドン塔の裏側に位置しています。

 

162624-Tower-of-London

 

運賃は、普通のダブルデッカーと同じで、バスパス、トラ

ベルカード、オイスターカードが使えます。

バスに乗り込んで「Fare please~!」と車掌さんが近くに来たらチェックしてもらってください。

現金で支払いたい場合には車掌さんに直接払うことも可能です

11歳未満のお子様はフリーです。

よくある2階に屋根のない観光客向けのサイトシーイングバスは高いので、ぜひ旧型ルートマスターを乗りこなして観光を楽しんでみてくださいね。

2階の1番前の席が空いてたら、かなりテンション上がっちゃいますよ。

と、この間経験した私の感想でした。

wpid-DSC_0318.jpg

wpid-DSC_0296.jpg

ただし、通常のバスとは違い、バス停の案内放送はありません。

観光ルートなので車掌さんが叫んで教えてくれるかもしれませんが、私が乗った時にはありませんでした。

心配な方は、片言の英語でいいので車掌さんに「ここに着いたら教えて」とお願いしておくと安心です。

 

 

 

 

 

Share This Post

More from my site

Post Comment

WP-SpamFree by Pole Position Marketing