イギリスでNY仕込みのカップケーキレッスン、今度はレッドベルベットカップケーキに挑戦!

LINEで送る
Pocket

 

またまたギャンブル五月さんのカップケーキレッスンを受けに行って来ましたよ~!

ちなみに前回行った時の記事はコチラからどうぞ→(ロンドン郊外でニューヨーク仕込みのカップケーキレッスンはいかが?

今回は、去年一緒に行きたかったけどスケジュールが合わず参加できなかった友人と、前回、作ったカップケーキをプレゼントしたら美味しすぎて五月さんのケーキのファンになってしまった友人2人を連れての参加です。

前回私がベーシックなカップケーキレッスンを受けているということで、今回はレッドベルベットカップケーキのレッスンをお願いすることにしました。

レッドベルベットカップケーキとは、アメリカ南部の伝統的なケーキで、赤と白のコントラストが美しく、バニラとチョコレートの中間のような絶妙なその味は、日本人の味覚にもぴったりなのだそうです(五月さんの著書「ニューヨーク仕込みのカップケーキとデコレーション」より)。

五月さんもこのケーキなら何個でも食べられるとブログで書いていたらしく、レッスンを受ける前から3人とも「早く食べた~い」モード大全開!

でも、食べる前にレッスンをちゃんと受けないとね・・・

ケーキの赤色ですが、ケバケバしくなくて、落ち着いた感じのレッドがいいですよね。

着色料が気になる方は、天然成分の着色料もあるらしいですよ!

そして牛乳と小麦粉で作ったホワイトソースを加えて作るホイップド・アイシング~!

こ、これが最高に美味しいのですよ!

フワフワ、モコモコのクリームで、甘すぎす、でも濃厚なクリームの味を堪能できる絶妙な味!

五月さんが「ちょっとクロテッド・クリームに似てるでしょ?」と言ってたけど、まさにそんな感じで、クロテッド・クリーム大好きな私にはかなりツボな味でした。

そしてそのホイップドアイシングを使ってのデコレーションレッスン。

五月先生の作品はさすがに芸術的~!

私達も手をプルプル震わせながらも頑張ってデコってみましたが、いやあ~本当に難しい・・・

このデコレーションって作業は、センスもかなり必要なのだと実感してしまいました・・・

でも何回かコツを教えてもらって何とか完成することができましたよ。

あとは地道な練習あるのみですね!

このカップケーキですが、その日に食べても美味しかったのですが、翌日に食べたほうがもっと美味しいそうです。

もちろん私達も次の日の朝に食べてみたのですが、みんな大絶賛!

スポンジも更にしっとりするし、味にも深みが出てなんとも言えない美味しさ!

 

実はロンドンで大人気な、ハミングバードベーカーリーのレッドベルベッドカップケーキも食べてみたのですが、やっぱり味が大雑把なんですよね・・・

もちろん、美味しいんですけど、甘さや繊細な味付け、そしてデコレーションも五月さんのケーキほうが私の好みでした。

 

是非みなさんも一度、レッドベルベットケーキを作ってみてくださいね!

やみつきななるのは間違い無しですよ~。

 

 

 

 

Share This Post

More from my site

Post Comment

WP-SpamFree by Pole Position Marketing